ネット広告の種類と特徴【主要4種を徹底解説!】

Webマーケティングにおける「集客」でSEOと並び重要なのが「ネット広告」です。このネット広告を出さないと、効率よく自身のサイトにユーザーを呼び込むことができません。

ただ、一口にネット広告と言っても、具体的にどのような種類があるのか、何となくイメージはできても、しっかりと説明できるほど理解している人はあまりいないのではないでしょうか。

そこで本記事では、このネット広告の種類とその特徴について分かりやすく説明していきます。

 

 

 

ネット広告には、どんな種類があるの?

ネット広告がインターネット上に表示されてる広告のことを指すのは分かると思いますが、 このネット広告には様々な種類があります。ここではその中でも主要な4つを説明していきます。その4つとは、リスティング広告ディスプレイ広告(バナー広告)動画広告インフィード広告です。では、さっそく見ていきましょう!

 

①    リスティング広告 

リスティング広告とは、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用した際に、入力したキーワードに関連した広告が検索結果の上部などに表示されるという広告手法です。検索連動型広告とも呼ばれます。

画像などは無く基本的にテキスト表示なのであまり目立たず、検索時に特定のキーワードを入力した人にしか表示されないので広告の露出自体は少ないですが、裏を返せばターゲットとしたいユーザーにピンポイントでアプローチすることができるので、見込み客への訴求力は抜群だと言えます。 

また、広告を表示させるだけでは料金が発生せず、クリックされてはじめて料金が発生するクリック課金制という料金システムを採っているので、コストパフォーマンスも高いです。 

広告内での順位上昇対策など、少しだけ管理に手間がかかりますが、広告手法の中では、気軽に取り組みやすい方だと思います。

 

 

②    ディスプレイ広告(バナー広告) 

ディスプレイ広告とは、検索結果やWebページの右上や上部に表示される画像ファイルを用いた広告です。使われる長方形の画像ファイルが旗(バナー)に似ていることから、バナー広告とも呼ばれます。

クリックすると広告主のサイトや詳しい説明が記されたページに移動するようになっています。 

この広告は、掲載先のメディアを訪れたすべての人に対して表示されるので、リスティング広告とは異なり、その商品やサービスの存在を知らなかったユーザーに対してもアプローチすることができます。そのため、画像という目に留まりやすい表現方法も相まって、幅広いユーザーに対して商品やサービスの認知拡大・理解促進を行うことが可能となっています。 

広告の表示回数が一定数に達するまで掲載を続けるインプレッション保証型という料金システムを採ることが多いですが、リスティング広告などに比べて出稿する際にかかる費用が高い傾向にあり、広告の効果も未知数なので、コストパフォーマンスはあまり良くないかもしれません。

 

 

③    動画広告 

動画広告とは、その名のとおりWeb上で動画を用いて表現される広告です。映像を直接クリックしてもらうなどしてユーザーを広告主のサイト等へ誘導します。 

映像や音声を用いることで、他の広告手法よりも多くの情報を正確かつ効果的にユーザーに伝えることができるのが大きなメリットです。

ディスプレイ広告の表現形式が画像ではなく動画になったものも動画広告と呼ばれますが、現在主流となっているのが、YouTubeといった動画の共有・配信サービスにおいて動画の再生前や途中で広告が挿入されるインストリーム型と呼ばれるものです。 

これは、ユーザーの意志に依らずリアルタイムに訴求できる反面、見たい動画の代わりに広告が流れることで、マイナスイメージを持たれてしまうこともあります。

ただ、途中でスキップされずに最後まで広告が再生された場合のみ課金される方式をとっている場合も多く、コストパフォーマンスは優れていると言えるでしょう。

 

 

④    インフィード広告 

インフィード広告とは、コンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことです。FacebookやTwitterなどのSNSやニュースアプリなど画面の上から下に読み進めていくタイプのものでよく利用されており、スマートフォンユーザーが主なターゲットです。

情報の流れの中に自然に配置されるため、広告がユーザーの目に留まりやすくなっています

料金システムは、リスティング広告と同様にクリック課金制です。ただし、一般的なリスティング広告よりもかなり安い単価で出稿することができるのが特長です。

特にFacebook広告などSNSに掲載する広告では、SNSに登録された情報を活用して、広告を表示するターゲット層を細かく決定できるので、非常に精度の高い広告配信が可能となっています。

 

 

 

以上、主要な4つのネット広告を紹介してきましたが、この他にも様々な種類のネット広告が存在しています。

それぞれの長所・短所をしっかりと理解したうえで、目的に合った広告を選び、Webマーケティングにおける「集客」をより効果的に行っていきましょう!

 

【意味の理解からツールの導入まで】アクセス解析 とは

analysis

 Webマーケティングにおいて、自身のサイトに誘導してきたユーザーが、最終的な成果目標であるコンバージョンに高い確率で到達するようにするには、そのサイトの質を向上させる必要があります。しかし、ただ「良いサイトを目指せ」と言われても、抽象的すぎてどこをどう改善したらよいのか、わからないと思います。そこで登場するのが「アクセス解析」です。

本記事では、このアクセス解析について簡単に説明していきたいと思います。

 

 

アクセス解析とは

 アクセス解析とは、Webサイトへのアクセスデータを集計・分析することを意味します。

つまり、Webサイトを訪問してくれた人がどんな人で、どんな行動をしたのか、といったことを、ネットワーク上で機器を識別するための番号であるIPアドレスや閲覧履歴情報などを利用することで分析し、表やグラフなどの形にまとめたりすること、またその手法のことをアクセス解析と言います。

 

アクセス解析で分かること

 アクセス解析では具体的にどんなことが分かるのか、そのいくつかを例として挙げてみます。

・サイトを訪問してくれた人の人数

・サイトを訪問してくれた人の性別年齢層

・サイトへの訪問が行われた日時やサイトへの滞在時間

・サイトへの訪問が行われた地域

・サイトへの過去の訪問履歴(新規訪問者orリピーター)

・サイトへの訪問が行われたデバイス(パソコン orスマホ orタブレット etc.)

・サイトへの流入元(検索エンジンor SNS orメールマガジンetc.)

・サイト内の人気ページ(トップページ or 商品紹介 or 経路マップ etc.)

 アクセス解析を行うことで分かるこれらのデータは、Webマーケティングにおける「サイト改善」を行うための重要な指標となるだけでなく、「集客」施策におけるSEO対策や広告運営を行っていく上での現状把握・効果検証に欠かせないものです。

 

ツールを導入してアクセス解析を始めよう

 アクセス解析とは何なのか、またアクセス解析がWebマーケティングにおいていかに大切か、ということはだいたい分かってもらえたと思います。では、そのアクセス解析を始めるにはどうしたらよいのでしょうか。それにはまず、「アクセス解析ツール」をサイトに導入することが必要です。

アクセス解析ツールとは、アクセス解析を行うために必要な情報を蓄積し、その情報を分かりやすく整理して分析しやすいように表示してくれるツールのことです。

今では数多くの種類のアクセス解析ツールが世に出回っていますが、その中でも私がおすすめするのは「Googleアナリティクス」というものです。

 

Googleアナリティクスとは

googleanalytics

 

Googleアナリティクスとは、その名のとおりGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。アクセス解析ツールの業界シェアNo.1であり、今やかなりの数の大企業で使われています。

Googleアカウントを持っている人なら、誰でも無料で利用することができ、さらに、導入設定もとても簡単です。

しかし、だからといって簡単な解析結果しか出ないのではなく、非常に高性能であり、操作性にも優れています

自分の思い通りに画面をカスタムするような複雑な設定も可能で、また、他のアクセス解析ツールに比べて機能が多いのも魅力の一つです。

今まで使ってこなかった人は、早速導入して自身のサイト運営に生かしていきましょう。

無料のおすすめアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」はこちら

 

Googleアナリティクスと併用したいツール「AIアナリスト」

Webマーケティングで重要なアクセス解析を支援する「AIアナリスト」

 ただし、いくらサイトを改善する際の指標となるアクセスデータを手に入れても、それだけをもとに独力で各データを分析するのは、経験を積んだ人でもない限り難しいですよね。ましてや、先ほど紹介したGoogleアナリティクスは非常に高機能であり、多数のデータを参照できるので、初心者にはなおさらハードルが高いように思われるかもしれません。

そこで紹介したいのが、「AIアナリスト」です。これは、Googleアナリティクスのアクセス解析データと連動することで、人工知能が人間では手に負えないような大量のデータを集計・分析してくれるツールです。私たちが見やすい形にデータを整理してくれるだけでなく、そこからサイトの問題点を見出し、その原因や具体的な改善策まで教えてくれます

これさえあれば、専門知識がなくとも、誰でも手軽にアクセス解析を行うことができます。利用登録は無料で、利用も基本的には無料でできますし、導入設定も簡単なので、こちらもぜひ、Googleアナリティクスと合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

Webマーケティングで重要なアクセス解析を支援する「AIアナリスト」はこちら

 

 

いかがでしたか。Webマーケティングにおいて欠かせないアクセス解析の全体像を何となくつかんでいただけたのなら嬉しいです。

ぜひ、先ほど紹介したツールなども活用しながら、アクセス解析をどんどん行っていってください!

【具体的な施策も紹介】SEO とは

seo

Webマーケティングの2つの柱の1つである「集客」の中でも広告の出稿・運用と並んで大切なのが「SEO」です。

ただ、この「SEO」という言葉は、アルファベットの略語であるからか、一見すると何を指したものなのか分からず、難しい専門用語のように感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、この言葉は、Webマーケティングを行っていくうえで必ず知っておかなければいけない重要用語です。

本記事ではこのSEOについて、簡潔にまとめています。

知らなかった方も、もう少し詳しく知りたいという方も、ここで一緒に勉強していきましょう。

 

 

SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味です。 これは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に、できるだけ上位に自らのウェブサイトが表示されるようにするための対策のことを指します。

表示順位が上にある方が当然ユーザーの目に留まりやすいので、サイト訪問者も自然と増加し、集客へとつながるのです。

 

 

SEOのやり方~外部施策と内部施策~

検索結果における各サイトの表示順位は、Googleなどの検索エンジンを運営する企業がアルゴリズムという機械的な計算の仕組みを用いて独自に決めているのですが、どのような対策をすればそうした順位を上げることができるのでしょうか。

そのための施策であるSEOには、大きく分けて2つのやり方があります。それは、外部施策内部施策です。これらを順に説明していきます。

外部施策とは、運営するWebサイトの評判や、外からの評価に関する施策で、自分でコントロールしづらいのに対し、内部施策とは、Webサイトに手を加える施策のことで、自分で修正・改善することが可能です。

では、それぞれの施策の具体例を見ていきましょう。

 

外部施策

≪例≫被リンク

 外的施策の中心となるのが、たくさんのWebサイトからリンクを貼ってもらう、という被リンク施策です。多数のサイトから参照されているサイトは良いものであると検索エンジンは基本的に認識するので、検索表示順位を上げることができるのです。

ただし、あまりに不自然に被リンク数を増やすと、検索エンジンからペナルティーを課されて評価順位を下げられることもあります。したがって、業者からリンクを大量に購入するといった危ない橋は渡らずに、TwitterやFacebookといったSNSを活用するなどして上手に情報を発信して自然な被リンクを獲得していくのがいいでしょう。

 

内部施策

≪例1≫キーワードの適切な使用

ユーザーのニーズが高いキーワードを、タイトルや本文などに適切に含めることで、検索エンジンから高評価を得て、検索表示順位を上げることができます。

ただし、キーワードをコンテンツ内にやみくもに詰め込むと、ペナルティーを受ける可能性があります。キーワード出現率などは気にせずに、しっかりとしたコンテンツを作成することのみを考えたほうが、適切なキーワード出現率に近づくかもしれません。

 

≪例2≫定期的なサイト更新

ウェブサイトを定期的に更新することは、ユーザーに喜ばれることはもちろんなのですが、検索エンジンにもそのサイトが新鮮な情報を発信し続けているサイトだとアピールできるので、検索表示順位の向上につながります。

また、新しいコンテンツが書かれた新規ページを作成しサイトに追加することによって、サイト内に含まれるページ数が増加し、サイト内リンクの充実化を図ることができます。検索エンジンは外部サイトからの被リンクだけではなく自サイト内からの被リンクも評価の対象としているので、これも結果としてSEO対策となるのです。

 

≪例3≫パンくずリストの作成

 パンくずリストとは、上位の階層となるウェブページを階層順にリストアップしてリンクを設置したリストのことです。このパンくずリストを設置することで、ユーザーがサイトを閲覧しやすくなるだけでなく、クローラーが適切かつスムーズに巡回をしてサイトやページの価値を把握できます。

クローラーとは、インターネット上のあらゆるWebサイトを巡回しながら情報を取得して検索用のデータベースやインデックスを作成するプログラムのことです。

パンくずリストによりサイト内リンクの階層化がしっかりとなされていると、このクローリングの頻度が多くなり、更新情報などを検索エンジン側に知ってもらえる機会が増えるので、SEOにおいて有利に働くのです。

breadcrumblist

 

 

 

以上、SEOの方法として外部施策・内部施策のいくつかを紹介してきましたが、SEOにおいて一番大切なことは、ユーザー目線を意識した質の高いWebサイトを作成することです。

検索エンジンの動向を気にすることはもちろん大切ですが、そのアルゴリズムは年々高度になり、また頻繁に変更も加えられているので、小手先のテクニックではいたちごっこになりかねません。

ユーザーの存在を前提に、先ほど挙げたような施策を効果的に行っていくことこそが、SEOのポイントなのです。

 

【集客とサイト改善がポイント】Webマーケティング とは

PC

商品購入や各種予約などが当たり前のようにインターネット上で行われるようになった昨今、ビジネスにおいても、Webサイトを利用したものの重要性はますます高まっています。

そこで必要になってくるのが「Webマーケティング」です。

この言葉を聞いたことがある人は多いと思います。しかし、いざ「Webマーケティングって何?」「Webマーケティングってどうやってやるの?」と聞かれると、はっきりとは答えられないのではないでしょうか。

そこで本記事では、誰にでも分かりやすいように、Webマーケティングについて概説していきます。

 

 

そもそもマーケティングとは 

そもそもマーケティングというのは何なのでしょうか。三省堂の大辞林には、

消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。

と書いてあります。

つまり、ユーザーがどのようなニーズを持っているかを把握し、それに合致するような商品・サービスを作り上げ、その存在を適切に知ってもらうことで、消費者は満足し、生産者も利益を得る。そのような相互にとって有益な状態を生み出すためになされるのが、マーケティングと言えるでしょう。

 

 

Webマーケティングとは

それでは、Webマーケティングとはいったいどのようなものを指すのでしょうか。簡単に言ってしまえば、上で説明したマーケティングをWeb上において行ったもの、つまりWebサイトやWeb技術を応用したマーケティング手法のことをWebマーケティングと言います。

まだちょっとイメージしにくいかもしないので、その具体的な流れを簡単に説明しておくと、ユーザーの検索傾向などをもとにサイトを作成・改善し、広告を出してそのサイトに誘導し、コンバージョン(商品購入や会員登録などの最終的な成果)の獲得につなげる、という感じです。この流れでWebマーケティングは行われます。

 

 

Webマーケティングの2つの柱~集客とサイト改善~

 事業内容の違いなどによってWebマーケティングの内容は多岐にわたるため、一概には言い表せない部分もありますが、Webマーケティングには2つの大きな柱があります。それは、「集客」と「サイト改善」です。

 

①集客

 Webマーケティングにおける集客とは、サイトへの訪問者数を増やすことを意味します。何かの目的を達成するために一生懸命作ったサイトに誰も訪れてくれなかったら、意味がないですし、悲しいですよね。

先ほども少し触れましたが、インターネットの発達とともに膨大な数のWebサイトがこの世界に存在するようになったので、単にWebサイトを作成しただけでは誰も見てくれないということも起こりえます。新聞折り込みやテレビCMであれば受動的に目に入ってくるかもしれませんが、Webサイトはアクセスしてもらわないと始まりません。したがって、ユーザーにWebサイトに訪れてもらうためのプロモーション、つまり集客が非常に大切なのです。

 

集客を行うための主な方法としては、SEO対策をすること、そして広告を出稿することが挙げられます。

SEOとは、自身のWebサイトをGoogleなどの検索エンジンにおける検索結果の上位に表示させるために行う様々な施策のことです。ほとんどの人が検索エンジンを利用していると言える現在では、このSEOも重要な集客施策です。

 

②サイト改善

そして、コンバージョン数を増やすために集客の次に行うべきなのが、サイト改善です。たとえサイトへの訪問者数を増やすことができても、すぐにサイトから離脱されてしまったら、意味がないですし、これまた悲しいですよね。

コンバージョンを獲得するためにも、集客してきたユーザーがどうしたら喜んでくれるのか、利用しやすくなるのか、といったことを考えてサイトを改善していくことが必要なのです。

 

サイト改善を行うための主な方法としては、ランディングページの最適化(LPO)入力フォームの最適化(EFO)などがあります。

ランディングページとは、サイト外部からWebサイトを訪れた際に最初に表示されるページのことを指します。このページを最適化することで、ユーザーのコンバージョン率を高めることができます。また、フォーム入力に要する手間や時間をできるだけ減らすことも、コンバージョンのためには非常に重要です。

 

ただし、こうしたサイト改善を行うためには、自らのサイトのことやユーザーの動向などを正しく把握しておく必要があります。そこで大切になってくるのが、アクセス解析です。アクセス解析というのは、ユーザーがどのページを見たか、どんな検索キーワードで入ってきたか、といったアクセスデータをツール等によって分析することを言います。これによりサイトを改善する上での指標を得ることができるので、より有効なサイト改善ができるのです。

また、このアクセス解析は、サイト改善を行うときだけに役に立つものではなく、先に説明したSEO対策や広告の運用といった集客施策を行うときにも、現状把握・効果検証の上でとても大切になってきます。webマーケティングの根幹にあるのがこのアクセス解析と言っていいでしょう。

 

 

いかがでしたか。Webマーケティングとは何なのか、その中心となっている「集客」と「サイト改善」がどのようなものを指すのか、何となく分かってもらえたと思います。

SEOなど各施策のもう少し詳しい説明を見たい方は、随時追加するこのサイトの別記事を参照してみてください。