Webマーケティング徹底解説ガイド

Webマーケティング全般について、用語や概念の解説を中心に分かりやすく説明します。

【集客とサイト改善がポイント】Webマーケティング とは


商品購入や各種予約などが当たり前のようにインターネット上で行われるようになった昨今、ビジネスにおいても、Webサイトを利用したものの重要性はますます高まっています。

そこで必要になってくるのが「Webマーケティング」です。

この言葉を聞いたことがある人は多いと思います。しかし、いざ「Webマーケティングって何?」「Webマーケティングってどうやってやるの?」と聞かれると、はっきりとは答えられないのではないでしょうか。

そこで本記事では、誰にでも分かりやすいように、Webマーケティングについて概説していきます。

 

 

そもそもマーケティングとは 

そもそもマーケティングというのは何なのでしょうか。三省堂の大辞林には、

消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。

と書いてあります。

つまり、ユーザーがどのようなニーズを持っているかを把握し、それに合致するような商品・サービスを作り上げ、その存在を適切に知ってもらうことで、消費者は満足し、生産者も利益を得る。そのような相互にとって有益な状態を生み出すためになされるのが、マーケティングと言えるでしょう。

 

 

Webマーケティングとは

それでは、Webマーケティングとはいったいどのようなものを指すのでしょうか。簡単に言ってしまえば、上で説明したマーケティングをWeb上において行ったもの、つまりWebサイトやWeb技術を応用したマーケティング手法のことをWebマーケティングと言います。

まだちょっとイメージしにくいかもしないので、その具体的な流れを簡単に説明しておくと、ユーザーの検索傾向などをもとにサイトを作成・改善し、広告を出してそのサイトに誘導し、コンバージョン(商品購入や会員登録などの最終的な成果)の獲得につなげる、という感じです。この流れでWebマーケティングは行われます。

 

 

Webマーケティングの2つの柱~集客とサイト改善~

 事業内容の違いなどによってWebマーケティングの内容は多岐にわたるため、一概には言い表せない部分もありますが、Webマーケティングには2つの大きな柱があります。それは、「集客」と「サイト改善」です。

 

①集客

 Webマーケティングにおける集客とは、サイトへの訪問者数を増やすことを意味します。何かの目的を達成するために一生懸命作ったサイトに誰も訪れてくれなかったら、意味がないですし、悲しいですよね。

先ほども少し触れましたが、インターネットの発達とともに膨大な数のWebサイトがこの世界に存在するようになったので、単にWebサイトを作成しただけでは誰も見てくれないということも起こりえます。新聞折り込みやテレビCMであれば受動的に目に入ってくるかもしれませんが、Webサイトはアクセスしてもらわないと始まりません。したがって、ユーザーにWebサイトに訪れてもらうためのプロモーション、つまり集客が非常に大切なのです。

 

集客を行うための主な方法としては、SEO対策をすること、そして広告を出稿することが挙げられます。

SEOとは、自身のWebサイトをGoogleなどの検索エンジンにおける検索結果の上位に表示させるために行う様々な施策のことです。ほとんどの人が検索エンジンを利用していると言える現在では、このSEOも重要な集客施策です。

 

②サイト改善

そして、コンバージョン数を増やすために集客の次に行うべきなのが、サイト改善です。たとえサイトへの訪問者数を増やすことができても、すぐにサイトから離脱されてしまったら、意味がないですし、これまた悲しいですよね。

コンバージョンを獲得するためにも、集客してきたユーザーがどうしたら喜んでくれるのか、利用しやすくなるのか、といったことを考えてサイトを改善していくことが必要なのです。

 

サイト改善を行うための主な方法としては、ランディングページの最適化(LPO)入力フォームの最適化(EFO)などがあります。

ランディングページとは、サイト外部からWebサイトを訪れた際に最初に表示されるページのことを指します。このページを最適化することで、ユーザーのコンバージョン率を高めることができます。また、フォーム入力に要する手間や時間をできるだけ減らすことも、コンバージョンのためには非常に重要です。

 

ただし、こうしたサイト改善を行うためには、自らのサイトのことやユーザーの動向などを正しく把握しておく必要があります。そこで大切になってくるのが、アクセス解析です。アクセス解析というのは、ユーザーがどのページを見たか、どんな検索キーワードで入ってきたか、といったアクセスデータをツール等によって分析することを言います。これによりサイトを改善する上での指標を得ることができるので、より有効なサイト改善ができるのです。

また、このアクセス解析は、サイト改善を行うときだけに役に立つものではなく、先に説明したSEO対策や広告の運用といった集客施策を行うときにも、現状把握・効果検証の上でとても大切になってきます。webマーケティングの根幹にあるのがこのアクセス解析と言っていいでしょう。

 

 

いかがでしたか。Webマーケティングとは何なのか、その中心となっている「集客」と「サイト改善」がどのようなものを指すのか、何となく分かってもらえたと思います。

SEOなど各施策のもう少し詳しい説明を見たい方は、随時追加するこのサイトの別記事を参照してみてください。

 

カテゴリー:Webマーケティング全般

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)