Webマーケティング徹底解説ガイド

Webマーケティング全般について、用語や概念の解説を中心に分かりやすく説明します。

SEO対策の方法【具体的な施策も紹介】


Webマーケティングの2つの柱の1つである「集客」の中でも広告の出稿・運用と並んで大切なのが「SEO」です。

ただ、この「SEO」という言葉は、アルファベットの略語であるからか、一見すると何を指したものなのか分からず、難しい専門用語のように感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、この言葉は、Webマーケティングを行っていくうえで必ず知っておかなければいけない重要用語です。

本記事ではこのSEOについて、簡潔にまとめています。

知らなかった方も、もう少し詳しく知りたいという方も、ここで一緒に勉強していきましょう。

 

 

SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味です。 これは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に、できるだけ上位に自らのウェブサイトが表示されるようにするための対策のことを指します。

表示順位が上にある方が当然ユーザーの目に留まりやすいので、サイト訪問者も自然と増加し、集客へとつながるのです。

 

 

SEO対策の方法~外部施策と内部施策~

検索結果における各サイトの表示順位は、Googleなどの検索エンジンを運営する企業がアルゴリズムという機械的な計算の仕組みを用いて独自に決めているのですが、どのような対策をすればそうした順位を上げることができるのでしょうか。

そのための施策であるSEOには、大きく分けて2つのやり方があります。それは、外部施策内部施策です。これらを順に説明していきます。

外部施策とは、運営するWebサイトの評判や、外からの評価に関する施策で、自分でコントロールしづらいのに対し、内部施策とは、Webサイトに手を加える施策のことで、自分で修正・改善することが可能です。

では、それぞれの施策の具体例を見ていきましょう。

 

外部施策の方法

≪例≫被リンク

 外的施策の中心となるのが、たくさんのWebサイトからリンクを貼ってもらう、という被リンク施策です。多数のサイトから参照されているサイトは良いものであると検索エンジンは基本的に認識するので、検索表示順位を上げることができるのです。

ただし、あまりに不自然に被リンク数を増やすと、検索エンジンからペナルティーを課されて評価順位を下げられることもあります。したがって、業者からリンクを大量に購入するといった危ない橋は渡らずに、TwitterやFacebookといったSNSを活用するなどして上手に情報を発信して自然な被リンクを獲得していくのがいいでしょう。

 

内部施策の方法

≪例1≫キーワードの適切な使用

ユーザーのニーズが高いキーワードを、タイトルや本文などに適切に含めることで、検索エンジンから高評価を得て、検索表示順位を上げることができます。

ただし、キーワードをコンテンツ内にやみくもに詰め込むと、ペナルティーを受ける可能性があります。キーワード出現率などは気にせずに、しっかりとしたコンテンツを作成することのみを考えたほうが、適切なキーワード出現率に近づくかもしれません。

 

≪例2≫定期的なサイト更新

ウェブサイトを定期的に更新することは、ユーザーに喜ばれることはもちろんなのですが、検索エンジンにもそのサイトが新鮮な情報を発信し続けているサイトだとアピールできるので、検索表示順位の向上につながります。

また、新しいコンテンツが書かれた新規ページを作成しサイトに追加することによって、サイト内に含まれるページ数が増加し、サイト内リンクの充実化を図ることができます。検索エンジンは外部サイトからの被リンクだけではなく自サイト内からの被リンクも評価の対象としているので、これも結果としてSEO対策となるのです。

 

≪例3≫パンくずリストの作成

 パンくずリストとは、上位の階層となるウェブページを階層順にリストアップしてリンクを設置したリストのことです。このパンくずリストを設置することで、ユーザーがサイトを閲覧しやすくなるだけでなく、クローラーが適切かつスムーズに巡回をしてサイトやページの価値を把握できます。

クローラーとは、インターネット上のあらゆるWebサイトを巡回しながら情報を取得して検索用のデータベースやインデックスを作成するプログラムのことです。

パンくずリストによりサイト内リンクの階層化がしっかりとなされていると、このクローリングの頻度が多くなり、更新情報などを検索エンジン側に知ってもらえる機会が増えるので、SEOにおいて有利に働くのです。

 

 

 

以上、SEOの方法として外部施策・内部施策のいくつかを紹介してきましたが、SEOにおいて一番大切なことは、ユーザー目線を意識した質の高いWebサイトを作成することです。

検索エンジンの動向を気にすることはもちろん大切ですが、そのアルゴリズムは年々高度になり、また頻繁に変更も加えられているので、小手先のテクニックではいたちごっこになりかねません。

ユーザーの存在を前提に、先ほど挙げたような施策を効果的に行っていくことこそが、SEOのポイントなのです。

 

カテゴリー:SEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)