Webマーケティング徹底解説ガイド

Webマーケティング全般について、用語や概念の解説を中心に分かりやすく説明します。

ネット広告の種類と特徴【主要4種を徹底解説!】


Webマーケティングにおける「集客」でSEOと並び重要なのが「ネット広告」です。このネット広告を出さないと、効率よく自身のサイトにユーザーを呼び込むことができません。

ただ、一口にネット広告と言っても、具体的にどのような種類があるのか、何となくイメージはできても、しっかりと説明できるほど理解している人はあまりいないのではないでしょうか。

そこで本記事では、このネット広告の種類とその特徴について分かりやすく説明していきます。

 

 

 

ネット広告には、どんな種類があるの?

ネット広告がインターネット上に表示されてる広告のことを指すのは分かると思いますが、 このネット広告には様々な種類があります。ここではその中でも主要な4つを説明していきます。その4つとは、リスティング広告ディスプレイ広告(バナー広告)動画広告インフィード広告です。では、さっそく見ていきましょう!

 

①    リスティング広告 

リスティング広告とは、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用した際に、入力したキーワードに関連した広告が検索結果の上部などに表示されるという広告手法です。検索連動型広告とも呼ばれます。

画像などは無く基本的にテキスト表示なのであまり目立たず、検索時に特定のキーワードを入力した人にしか表示されないので広告の露出自体は少ないですが、裏を返せばターゲットとしたいユーザーにピンポイントでアプローチすることができるので、見込み客への訴求力は抜群だと言えます。 

また、広告を表示させるだけでは料金が発生せず、クリックされてはじめて料金が発生するクリック課金制という料金システムを採っているので、コストパフォーマンスも高いです。 

広告内での順位上昇対策など、少しだけ管理に手間がかかりますが、広告手法の中では、気軽に取り組みやすい方だと思います。

 

 

②    ディスプレイ広告(バナー広告) 

ディスプレイ広告とは、検索結果やWebページの右上や上部に表示される画像ファイルを用いた広告です。使われる長方形の画像ファイルが旗(バナー)に似ていることから、バナー広告とも呼ばれます。

クリックすると広告主のサイトや詳しい説明が記されたページに移動するようになっています。 

この広告は、掲載先のメディアを訪れたすべての人に対して表示されるので、リスティング広告とは異なり、その商品やサービスの存在を知らなかったユーザーに対してもアプローチすることができます。そのため、画像という目に留まりやすい表現方法も相まって、幅広いユーザーに対して商品やサービスの認知拡大・理解促進を行うことが可能となっています。 

広告の表示回数が一定数に達するまで掲載を続けるインプレッション保証型という料金システムを採ることが多いですが、リスティング広告などに比べて出稿する際にかかる費用が高い傾向にあり、広告の効果も未知数なので、コストパフォーマンスはあまり良くないかもしれません。

 

 

③    動画広告 

動画広告とは、その名のとおりWeb上で動画を用いて表現される広告です。映像を直接クリックしてもらうなどしてユーザーを広告主のサイト等へ誘導します。 

映像や音声を用いることで、他の広告手法よりも多くの情報を正確かつ効果的にユーザーに伝えることができるのが大きなメリットです。

ディスプレイ広告の表現形式が画像ではなく動画になったものも動画広告と呼ばれますが、現在主流となっているのが、YouTubeといった動画の共有・配信サービスにおいて動画の再生前や途中で広告が挿入されるインストリーム型と呼ばれるものです。 

これは、ユーザーの意志に依らずリアルタイムに訴求できる反面、見たい動画の代わりに広告が流れることで、マイナスイメージを持たれてしまうこともあります。

ただ、途中でスキップされずに最後まで広告が再生された場合のみ課金される方式をとっている場合も多く、コストパフォーマンスは優れていると言えるでしょう。

 

 

④    インフィード広告 

インフィード広告とは、コンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことです。FacebookやTwitterなどのSNSやニュースアプリなど画面の上から下に読み進めていくタイプのものでよく利用されており、スマートフォンユーザーが主なターゲットです。

情報の流れの中に自然に配置されるため、広告がユーザーの目に留まりやすくなっています

料金システムは、リスティング広告と同様にクリック課金制です。ただし、一般的なリスティング広告よりもかなり安い単価で出稿することができるのが特長です。

特にFacebook広告などSNSに掲載する広告では、SNSに登録された情報を活用して、広告を表示するターゲット層を細かく決定できるので、非常に精度の高い広告配信が可能となっています。

 

 

 

以上、主要な4つのネット広告を紹介してきましたが、この他にも様々な種類のネット広告が存在しています。

それぞれの長所・短所をしっかりと理解したうえで、目的に合った広告を選び、Webマーケティングにおける「集客」をより効果的に行っていきましょう!

 

カテゴリー:広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)